外資系転職の教科書

転職エージェントを活用して高年収転職を実現!

*

外資系企業への転職時の面接で面接官に「おっ!」と思わせる3つの質問

   

Wise_question

中途採用の面接官をしていると、応募者からの質問の質に大きなバラつきがある気がしています。

私の会社の面接では、面接時間の最後に応募者からの質問を受ける時間を用意しています。そのときにどんな質問をしてくる応募者なのか、もしっかりみています。

やはり優秀な応募者は立派な質問をしてきますし、面接中にイマイチだなと思った応募者は低レベルな質問をしてくることが多いです。

「質問の時間」も面接の一部として評価対象になっています。しっかり考えて質問できていますか?

 

採用企業側が応募者からの質問の時間をとる理由

ひとつめの理由はもちろん情報提供です。少しでも会社のこともしくは業務内容を知ってもらうと思っています。

わざわざ面接を受けにきてくれた応募者に対して感謝の気持ちもありますし、理解を深めてもらって採用後に認識と違ったといって離職されてしまうのを防ぎたいという意味もあります。そもそも面接官が質問するだけの一方向のコミュニケーションもおかしいと思いますしね。

 

ふたつめの理由は面接の一部として評価するためです。応募者がどんな考えをする人なのか、なにを重視している人なのかを考えるためです。

面接で応募者が質問できる時間は限られていることが一般的なので、できる質問は多くても3つくらいです。その最大3つの質問に何を選んでくるかによって、その応募者にとって重要な問題は何なのだろうか、という気持ちで面接官はみています。

この記事では、この後者の理由(評価対象としての質問)に焦点をあてていきます。

 

私が面接官として感心する応募者からの質問3パターン

「御社で成功する人と成功しない人の違いはなんだと思いますか?」

まずはキャリアに関するこの質問ですね。

まずOpen Questionなのがいいですね。Open Questionとは、Yes/Noでは答えられない、「なに、どんな、どのような」などを問う質問のことで、1つの質問でより多くの情報を引き出せるタイプの質問です。

「御社に転職できたあかつきには必ずや社内で成功してより責任範囲の広い仕事につきたい」という意欲が感じられる良い質問ですよね。

とりあえずの腰掛けのつもりで面接を受けにきていたり、給料をもらうだけの受身の考えの人にはできない質問です。しっかりとキャリアを築いていこうというコミットメントが伝わってきます。

 

「あなたが入社する前と入社した後でなにかギャップを感じたことはなんですか?」

これもOpen Questionです。「ギャップを感じたことはありますか?」ではなく、「なんですか?」と聞くのがミソですね。

前の質問に比べると少し初歩的ではありますがキャリアに関する質問です。やはりこの転職を成功させるために、なるべく多くの情報を集めたいという熱意が伝わってきますよね。

自分が気づいていない注意点があれば教えて欲しいという謙虚な気持ちがこもっています。

うちの会社への転職に対して真剣に考えているんだな、ということがハッキリとわかります。面接官個人の経験に関する質問なので、面接官にとっても話しやすく、多くの情報が引き出せる可能性も高いです。

 

「海外の本社からのトップダウンの指示に対して、日本ではどのくらいの自主性を持っているのでしょうか?」

先の2つとは異なって、会社の運営状況に関する視野の大きな質問です。

会社をただ働いて給料をもらう場所としてとらえるのではなく、能動的に働きかけて世の中や自分を変える場として考えていることがうかがえます。

「なにかを変えていきたい、新しいことに挑戦していきたい。でも本社と意見が合わなかったときにどうなるのか。そもそも日本オフィスに自主性がなかったらどうしよう。本社に言われたことをやるだけのオフィスだったらつまらないな。」

そんな風に思ってくれているのが伝わってきますね。

 

「面接用の質問」と「実務用の質問」を区別して準備しよう

面接中に聞く質問に関しては上記のセクションを参考に事前に用意しておきましょう。

一方で、応募者としてあなたが聞きたいことは他にもたくさんあるかもしれません。

  • 業務内容に関してもっと細かく具体的に教えて欲しい
  • 年収はいくらなのか
  • 福利厚生はどんなものなのか
  • 離職率はどんなものなのか

これらのような「実務用の質問」はその場を用意してもらってまとめて聞きましょう。

まず、業務内容に関しては、なるべく一番最初の面接で聞くようにしましょう。その際には、「募集要件だけではイメージできなかった部分があるので業務内容に関して詳しく教えてほしい」と明確に伝えましょう。

採用側も、業務内容の認識に大きな隔たりがあって、最後に応募者が辞退することは避けたいので、丁寧に教えてくれるはずです。ただ、応募者が大量にいて採用企業側に時間的制約がかかっているケースは別ですね。面接のステップが順調に進んで、企業側から採用の意思表示をしてもらえてからでも良いでしょう。「採用書類に署名をする前に、もう一度業務内容を詳しく教えて欲しい」と伝えれば時間を割いてもらえます。

年収や福利厚生など条件面・待遇面に関する質問は、絶対にあとからしてください。面接に通って採用の意思表示をしてもらってからです。面接に通っていないのに条件面を口にすることはマイナス評価にしかなりません。

あなたが優秀な人材だと面接で評価されれば、条件はあとからしっかりついてきますので、後からでも間に合います。ただし、どうしても譲れない条件があるならば、あらかじめ転職エージェントには伝えておきましょう。経験豊富なエージェントが適切なタイミングで伝えてくれますので。

 

条件・待遇面に関する詳細はこちらの関連記事にまとめてありますので、ご一読ください。

転職時の条件交渉(年収・給料)はどのタイミングですべきなのか?

 

転職実績No.1 リクルートエージェント

 

管理人が実際に使っている優秀な転職サイト

年収750万円以上のハイクラス転職を最も効率的に

BIZREACH

ヘッドハンターにスカウトされることに特化した新しい転職サイト。有料の会費制で知られていますが、実は年収750万円以上ですと無料利用できますので、まずはお試しあれ。年収1,000万円以上の転職をしようとした場合に一番おすすめ。想定以上にヘッドハンターから声がかかりますので自分の市場価値を再確認できますし新たな選択肢がみつかるはずです。

30‐50代で外資系企業への転職を狙うなら

JAC Recruitment

外資系企業への転職、特に、30才以上の転職に強いのがJACリクルートメントです。キャリアコンサルタントが単なるポジション紹介のみではなく、あなたの強みを理解した上であなたに合うポジションを探すために採用企業側に提案してくれることもあります。JACリクルートメント経由の転職者の98%が「知人・友人に勧めたい」と評価しています。そのきめ細やかなサービスをぜひ無料で体験してみてください。

ついに出た最大手リクルートグループのスカウト転職サービス

高年収のハイキャリアポジションに限定したスカウト型求人サービスがついに業界最大手のリクルートからリリースされました。いままでのリクルート転職サービスでは広く扱われてこなかった、希少性の高いポジションがスカウト方式で案内されてきます。新規サービスのため今なら完全無料で会員登録および利用ができますので、しっかりとレジュメ登録をして活用してみてください。管理人も試しに登録しましたが、登録当日で11件、3日以内で合計23件のスカウトがきました!レジュメ登録をしっかりすることがスカウトを受けるための成功条件です。

 - 外資系企業への転職のコツ