外資系転職の教科書

転職エージェントを活用して高年収転職を実現!

*

BIZREACH(ビズリーチ)でスカウトされる確率をあげるための3つの工夫

   

business_goods

スカウト型の会員制転職サイトのビズリーチを皆さんはもうお使いでしょうか?

高年収のエグゼクティブおよびプロフェッショナルポジションに注力しており、本気で転職による年収アップやキャリアアップを狙う方におすすめのサービスです。

そんな大人気のビズリーチですが、ちょっとした工夫で企業からの直接スカウトをもらえる可能性を高められます。

今回は、実際に外資系企業の採用者として日々ビズリーチを使っている私が、企業からのスカウトをもらいやすくする方法を解説します。

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

 

採用担当者がどのようにビズリーチを使っているか

business_web

この記事の読者の大部分はビズリーチを転職者として使っていることと思います。そして私も以前はそんな一人でした。

一方でここ1年ほどですが、企業側の採用担当者としてビズリーチを使うようになりました。ビズリーチと契約を交わして、ビズリーチの抱える会員(ビズリーチに登録している転職希望者)のデータベースに直接アクセスできるようになるのです。

もちろん、氏名・メールアドレス・電話番号など個人を特定しうる情報は非開示となりますが、履歴書は開示されますので、自分が欲している人材かどうかのある程度の判断がつくようになります。

本当に気になる人材だった場合には、ビズリーチ経由でスカウトメッセージを送り、情報交換のための面談を申し込み、感触が良ければ中途採用面接を案内するという流れになります。

ビズリーチは、企業の採用担当者にとって、貴重なダイレクトリクルーティング・チャネル(転職エージェントの紹介ではなく、採用担当者が直接声をかけられる方法)として、重要な枠割を果たしてくれています。

 

ビズリーチでスカウトされやすくするための3つの工夫

step_up

採用担当者としてビズリーチを活用していると、スカウトしたくなる履歴書には特徴があることが分かってきました。

ここではその中から特に重要な3つを解説します。ビズリーチ会員(転職希望者)からすれば、ちょっとした心がけ・工夫でできるものですので、ぜひ、受け取るスカウトの数を増やしたいと思う方は、今日から実践してみてください。

 

職務経歴書・希望条件の全項目を入力する

まずは基礎的なことですが、用意されている職務経歴書および希望条件は、慎重に考えてすべて入力しましょう。

なぜかと言うと、採用担当者はそれぞれの項目に対して条件を設定して検索したりスクリーニングをしているからです。項目を入れていなかったり、正確でない場合に、損をしかねません。

分かりやすい例をあげると、私が毎回設定しているスクリーニングは、外資系企業ですので、「英語力 = ビジネス会話レベル以上」というものです。英語力の項目を空欄のままにしている人は、ここで脱落をします。

あとは、職務経歴書の仕事内容説明をどこまで丁寧に書いてあるかが、本人の転職に対する真剣度に直結すると考えています。よって、会社名しか書いていないような職務経歴書の場合は、例えどんなに有名企業であろうとも、私は見送ることにしています。

 

週に1回、できれば月に1回はビズリーチにログインする

つづいて、意外に思うかもしれませんが、なるべく頻繁にログインしましょう。

実は、あなたのログインの頻度はビズリーチにモニターされており、採用担当者が検索時に条件設定できるようになっています。

これもまた私が毎回スクリーニングのために設定しているのは、「最終ログイン日 = 1ヶ月以内」です。最終ログイン日がそれ以前の人間は、転職に対しての真剣度が低いと考えますので、そういう人に自分のリソースを使いたくないためです。

また、最終ログイン日が新しいほど、スクリーニング後の検索結果で上位表示されやすいので、採用担当者の目にとまりやすくなります。

 

一言コメントをいれる

最後に、採用担当者もしくはヘッドハンターなどあなたの職務経歴書をみる人へのメッセージを、「特記事項」の箇所にいれましょう。

これだけでも、転職に対して真剣な様子が伝わってきますし、スカウトしてみようか迷ったときの、良い判断材料になることがあります。

例えばで、こんなことがありました。職務経歴書を見るに私が探している人材にマッチする可能性の高い人をみつけたのです。しかしながら、残念なことに、希望条件の欄に「希望勤務地 = 海外」と入っているのに気づきました。

私が採用をしているポジションは外資系企業の東京オフィスのポジションなので、勤務地は間違いなく東京です。しかしながら、「特記事項」の欄には以下のように書かれていました。

「英語力を伸ばすために海外勤務を希望しておりますが、英語を使える環境があるのであれば国内勤務でも検討可能です」

本人がどのような考えをもっている人なのか具体的に伝わってきますし、勤務地が東京でも問題ないなと安心できたので、ビズリーチでスカウトを送ることを決めました。

 

ビズリーチで自分を100%セールスできているか?

gaishi_hands

さて、いかがでしたでしょうか?

3つとも、言われれば分かりやすい単純な工夫ですよね。

ただし、私も採用担当者側としてビズリーチを利用してみて、この3つの重要さに改めて気づかされました。

本当にシンプルなことですが、これらをやるかやらないかで雲泥の差がでることを私が保証します。

ぜひ、ビズリーチの職務経歴書で自分を100%表現して売り込みましょう。

そして、もし万が一、まだビズリーチに会員登録してないという方がいましたら、ぜひ試してみてください。

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

 

管理人が実際に使っている優秀な転職サイト

年収750万円以上のハイクラス転職を最も効率的に

BIZREACH

ヘッドハンターにスカウトされることに特化した新しい転職サイト。有料の会費制で知られていますが、実は年収750万円以上ですと無料利用できますので、まずはお試しあれ。年収1,000万円以上の転職をしようとした場合に一番おすすめ。想定以上にヘッドハンターから声がかかりますので自分の市場価値を再確認できますし新たな選択肢がみつかるはずです。

30‐50代で外資系企業への転職を狙うなら

JAC Recruitment

外資系企業への転職、特に、30才以上の転職に強いのがJACリクルートメントです。キャリアコンサルタントが単なるポジション紹介のみではなく、あなたの強みを理解した上であなたに合うポジションを探すために採用企業側に提案してくれることもあります。JACリクルートメント経由の転職者の98%が「知人・友人に勧めたい」と評価しています。そのきめ細やかなサービスをぜひ無料で体験してみてください。

ついに出た最大手リクルートグループのスカウト転職サービス

高年収のハイキャリアポジションに限定したスカウト型求人サービスがついに業界最大手のリクルートからリリースされました。いままでのリクルート転職サービスでは広く扱われてこなかった、希少性の高いポジションがスカウト方式で案内されてきます。新規サービスのため今なら完全無料で会員登録および利用ができますので、しっかりとレジュメ登録をして活用してみてください。管理人も試しに登録しましたが、登録当日で11件、3日以内で合計23件のスカウトがきました!レジュメ登録をしっかりすることがスカウトを受けるための成功条件です。

 - おすすめ転職エージェント, 外資系企業への転職のコツ