外資系転職の教科書

転職エージェントを活用して高年収転職を実現!

*

できる人だと面接で伝えるための2つのコツ

      2015/04/05

note02

面接官はどこをみていると思いますか?

面接官は採用をしたくて面接をしています。そして、採用活動というのは時間も労力もお金もかかりますので、面接官は、あなたを採用したいと思って面接を始めます。

よって、面接官のその採用したいという思いを正当化できるだけの材料を与えることができれば、あなたは面接に合格できるのです。

正当化するためには自己アピールをする必要があります。自己アピールとは、肩書きや経歴の自慢ではありません。自己アピールとは、あなたが「デキる」ビジネスパーソンであると伝えることです。

 

質問には膨らませて返す

「デキる」ビジネスパーソンとはどんな人でしょうか?

それは気の利く人です。頭が回る人です。相手の考えを察することができる人です。

おそらく30分程度しかない面接の時間内でそれをアピールするのに最も効果的なのが、質問の意図を読み取り、膨らませて返すことです。

面接官がしてくる質問は簡潔で単純なものが多いのですが、その質問に単純に答えるだけでは自己アピールにはなりません。質問2に対して、回答8くらいの割合が目安です。

例えば、「あなたの強みを教えてください」という質問に対して、なんと答えますか?

「私の強みはデータの分析力です。エクセルにも自信があります。」と質問に対して答えるだけでは、面接官には何も響きません。

「私の強みはデータの分析力です。現在は在庫管理業務の責任者ですので、過去3年間の発注と出荷のデータを分析し、在庫回転率の悪い商品群の在庫を薄めに持つことで昨年対比で在庫を15%圧縮することに成功しました。」と言えれば良いでしょう。

面接官としては、あなたの強みだけを聞いても信憑性が持てません。数字を含めた具体的なエピソードを添えるようにしましょう。そうすれば、面接官はあなたが気の利く人だと感じますし、また、あなたを採用することを正当化する材料を得たことにもなります。

他の多くの企業活動と同じく、採用活動も担当者(面接官)の独断では決められません。担当者(面接官)は人事部もしくはそのポジションを募集している事業部に、報告をする必要があります。その際に、担当者(面接官)はなぜあなたを採用したいかを説明する必要がありますので、その際に使いやすい材料を提供することが重要なのです。

 

あなたの思考回路とアクションを伝える

数字を含めた具体的なエピソードを加えることはもはや必須ですが、さらにあなたの思考回路とアクションの説明を加えることができれば、さらにアピールになります。

転職をすれば環境は変わりますし、業務内容も変わる可能性が高いです。あなたの前職(現職)での経験とは直接的に結びつかないケースも出てくるでしょう。よって、面接官はあなたがどういう考え方で仕事に取り組んでいるのか、またどういうアクションをとるのかという、普遍的な姿勢に興味を持っています。

普遍的な姿勢とは、例えば以下のようなものです。

  • 経験や勘ではなく、定量的なデータに基づいて決定を下しているか
  • 優先順位を行って仕事をしているか
  • 責任感を持って仕事をしているか
  • 顧客の目線に立つことができるか
  • 自分のミスを認め、改めることができるか

先の例で言うと、このような補足をつけられると良いでしょう。

「私の強みはデータの分析力です。現在は在庫管理業務の責任者ですので、過去3年間の発注と出荷のデータを分析し、在庫回転率の悪い商品群の在庫を薄めに持つことで昨年対比で在庫を15%圧縮することに成功しました。前任者までは比較的勘に頼った発注が多かったのですが、私はデータに基づいて判断をすべきと考え、分析に力を入れました。データ集めも含め結論を出すまでに2週間ほどかかりましたが、自分の発注の判断が部門の在庫状況を決めることになるので、徹底的に分析をしました。」

管理人が実際に使っている優秀な転職サイト

年収750万円以上のハイクラス転職を最も効率的に

BIZREACH

ヘッドハンターにスカウトされることに特化した新しい転職サイト。有料の会費制で知られていますが、実は年収750万円以上ですと無料利用できますので、まずはお試しあれ。年収1,000万円以上の転職をしようとした場合に一番おすすめ。想定以上にヘッドハンターから声がかかりますので自分の市場価値を再確認できますし新たな選択肢がみつかるはずです。

30‐50代で外資系企業への転職を狙うなら

JAC Recruitment

外資系企業への転職、特に、30才以上の転職に強いのがJACリクルートメントです。キャリアコンサルタントが単なるポジション紹介のみではなく、あなたの強みを理解した上であなたに合うポジションを探すために採用企業側に提案してくれることもあります。JACリクルートメント経由の転職者の98%が「知人・友人に勧めたい」と評価しています。そのきめ細やかなサービスをぜひ無料で体験してみてください。

ついに出た最大手リクルートグループのスカウト転職サービス

高年収のハイキャリアポジションに限定したスカウト型求人サービスがついに業界最大手のリクルートからリリースされました。いままでのリクルート転職サービスでは広く扱われてこなかった、希少性の高いポジションがスカウト方式で案内されてきます。新規サービスのため今なら完全無料で会員登録および利用ができますので、しっかりとレジュメ登録をして活用してみてください。管理人も試しに登録しましたが、登録当日で11件、3日以内で合計23件のスカウトがきました!レジュメ登録をしっかりすることがスカウトを受けるための成功条件です。

 - 外資系企業への転職のコツ