外資系転職の教科書

転職エージェントを活用して高年収転職を実現!

*

ジョンソン・エンド・ジョンソンへの転職について考える ― 自己裁量度の高い医療系メーカーでやりがいのある成長を

      2017/06/04

bandaid01

ベビーパウダーやベビーオイル、使い捨てコンタクトレンズやリップクリームなどのスキンケアなど、私たちの生活に欠かせない医療製品を提供しているジョンソン・エンド・ジョンソン。

私たちの生活だけではなく、手術の際に使われる縫合用の糸や殺菌済みの包帯、さらには病院で処方される薬に至るまで、ジョンソン・エンド・ジョンソンが提供している医療用品は、人が健康で健やかに生きていくために欠かせないものばかりです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは1886年にアメリカで設立された小さな医療製品の会社からスタートしました。

当初からジョンソン・エンド・ジョンソンは世界で初めて市販用の殺菌済み外科用包帯の開発や、応急処置キット、デンタルフロスや滅菌済み縫合糸、さらには救急絆創膏の「バンドエイド」など、次々と世界的なヒット商品を生み出してきました。

1900年代に入ると、カナダやイギリスを始めとして、海外への事業拡大をはかり、1906年に発生したサンフランシスコの大地震と大火災では、発生から数時間後には鉄道貨車いっぱいに支援用の製品を積み込んで現地に送り出したと言う経緯があり、これが現在のジョンソン・エンド・ジョンソンの災害救援プログラムに生かされています。

そんなジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人がジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、社内カンパニー制と言うシステムを導入し、消費者向けの製品を取り扱うコンシューマーカンパニー、医家向けの医療機器などのメディカルカンパニー、使い捨てコンタクトレンズを扱うビジョンケアカンパニーと言う3つのカンパニーが、それぞれ専門分野でビジネスの展開を図っています。

3つの事業に専門特化することで、それぞれのカンパニーが日本国内のニーズに特化した製品だけではなく、本国のジョンソン・エンド・ジョンソンと言うブランド力を武器にした製品展開を実現するなど、その時の実態に合わせてビジネスを展開できると言う強みを持っているため、日本国内でも各製品が高いシェアを誇っています。

また日本のこのビジネスの成功は本国でも高く評価され、日本市場でのニーズを生かした日本発の製品開発も進んでいると言われています。

ワールドワイドなネットワークを生かしつつ、日本に特化した製品の開発まで手掛け、まさに世界の家庭医薬品から本格的な医療現場までを網羅した製品を提供し続けているのが、日本のジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社なのです。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の事業内容

doctor12

上記でも紹介した通りジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、3つのカンパニーによって構成され、それぞれが専門分野のトップシェアを誇る業績を上げています。

コンシューマーカンパニーでは、つねに消費者のニーズを第一に考えた製品を提供しています。

例えば家庭用の医薬品には欠かせない救急絆創膏の「バンドエイド」は、私たちが子供のころから身近にあり、転んで擦りむいた傷やちょっとしたいたずらで負ってしまった切り傷の処置などで、何度も何度もお世話になったことがありますね。

またベビーパウダーやベビーオイルなどは、小さな赤ちゃんのスキンケア用品の代表格です。

さらには禁煙補助剤の「ニコレット」や、目薬の「バイシン」など、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社製の製品名は、すぐに思い出せるほど、私たちの生活に深く浸透したものばかりです。

また医療現場向けに創立されたのがメディカルカンパニーです。

こちらでは外科や内科をはじめとして幅広い診療領域に対応する医療機器や医療関連製品の輸入や販売を行っています。

少し難しくなりますが、扱っている製品は、感染予防に関する製品や骨の接合材料や人工関節、脳血管内治療用医療機器など。

主に病院の治療や手術で使われる製品の提供を行っています。

3つめがコンタクトレンズ事業に特化したビジョンケアカンパニー。

現在のコンタクトレンズ市場では、その8割以上を使い捨てコンタクトレンズが占めていますが、日本での市場ではジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社のアキュビューシリーズがその約5割を占めています。

アキュビュー・シリーズも年々進化し、世界初のシリコーンハイドロイドゲル素材を採用した「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」は大ヒット商品となりました。

世界的に見ても近視の人の割合が高い日本では、コンタクトレンズのニーズも非常に高いと言えます。

多くの人にとってジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が提供する医療製品が、私たちの日常生活を向上させる重要なアイテムになっていることは間違いありません。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の社風・職場環境

health02

外資系企業特有の福利厚生の不足さは否めませんが、ジョンソン・エンド・ジョンソン独自の健康保険のポイント制度があり、毎年数万円分のポイントを自由に使うことができます。

このポイント制度はかなり評判が良く、各自旅行やエステ、スポーツジムに使うなど、有効に活用されている実態があります。

その代わりに日本の大手企業のような住宅手当や営業手当は一切ありません。

また営業成績により国内外に、年に一度は全社を上げての社員旅行が行われます。この旅行には正社員だけではなく、派遣社員や契約社員も参加することができ、社員のポストによらずコミュニケーションを取ることができ、モチベーションの向上にもつながっています。

残業や休日出勤に関しては、部署にもよりますが、総じて多い方ではないと言えます。ただし、医学系の営業職の場合は学会シーズンになると、担当する医師のお手伝いをしなくてはなりません。その際には土日出勤となりますが、後日しっかりと代休を取ることも可能です。

社内環境として若干の不安要素と言えるのは、マネージャークラスの上司の異動が多いと言うことです。直属の上司がけっこうな早さで異動してしまうため、腰を据えて仕事を覚えようと思っていても、なかなか難しい側面があります。

基本的に個人の能力主義と言う部分も強いため、常に自分自身で仕事についての勉強を怠ることなく続けることができる人なら、マイペースで成果を達成することもできます。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の年収

同じ業界の他企業と比較すると、高水準の収入だと言えます。

給与体系は年俸制でインセンティブが多くを占めているため、ひと月あたりの額はさほど高くはありませんが年間で見ると高くなります。

またインセンティブの割合が高いと言うことは、その年によっては100万円単位の違いも出る可能性もありますから、自分の能力をきちっと見極めて目標を立てることができないと、後からとても悲しい思いをすることになってしまいます。

ではジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の年収を見てみましょう。

26歳 女性 MR 690万円
30歳 男性 法人営業 750万円
43歳 女性 営業事務・管理事務 810万円
36歳 男性 マーケティング・企画 1,000万円
33歳 男性 営業管理・代理店管理・代理店開拓営業 1,720万円

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社への転職面接の特徴

meeting_room1

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社への転職では、それまでの実績が非常に重要視される傾向があります。

ですから面接の際に大切になって来ることが、それまで自分が成しえて来たことをしっかりとフォローアップしておくことです。

面接官からは特に変わった質問をされることは少ない代わりに、それまでどのような仕事に関わり、どのような事業を展開してきたか、ひとつの例についてかなり深い部分まで聞かれるので、自分なりに整理しておくことが重要なポイントになります。

また志望の動機についても、きちんと話せるようにしておいた方が良いです。

志望の動機については、具体的な商品名を出して、その商品についての自分なりの考察を述べると言うことも、相手には説得力を与えることができると言えます。

外資系企業ですから、英会話の準備も怠らないようにしましょう。英語での面接は面接官によりけりですが、油断していると英語での自己紹介を求められたと言うケースもありますから、英会話に対する心と頭の準備は必要です。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社への転職に向いている人・向かない人

biz_kid

世界的に有名な医療製品のジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人になりますが、基本的には商品の開発よりも販売やマーケティングを行う企業になります。

身近な商品から本格的な医療現場に至るまで、私たちの健康に関わる様々な商品を扱っているので、自然と健康に関する知識を高めることもできますし、多くの人のクオリティ・オブ・ライフの向上にも携わることができるので、とてもやりがいを感じることができる企業だと言えます。

外資系企業らしく、個人主義・成果主義の風潮が強いため、仕事における自己管理をしっかりとできる人に向いています。

また若い社員が非常に多く、若いうちは自己裁量でどんどんやりたいことを実現できるため、非常に高い達成感を得ることができます。

一方で、40代以降になると、社内の政治的な部分を負わなくてはならない場面も増えてきますので、将来的にもこの企業で働き続けると言う強い意志があるかどうかを、受ける前にしっかりと見極める必要があります。

とは言え、私たちの生活や人生に欠かせない医療製品を提供してくれるジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、これ以上ないくらいの働きがいを感じることができる企業なのは間違いありません。ぜひ興味のある方は転職面接に挑戦してみてください。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンへの転職・中途採用を成功させるには

blue_world

さて、もしジョンソン・エンド・ジョンソンへの転職・中途採用に興味があるようでしたら、外資系メディカル業界に詳しい転職エージェントのアドバイスを受けることを推奨します。ジョンソン・エンド・ジョンソンは人気企業のため空きポストがでることが少なく、いちはやく情報を得て面接に進むことが必要になるからです。

本気でジョンソン・エンド・ジョンソンを狙うのであれば、いつまでも待ちの姿勢でいるのではなく、攻めるつもりで自分から動きましょう。

私は自分の転職経験からも専門知識の高い転職エージェントに出会えるこちらの無料で使えるサービスをおすすめしています。しっかりとレジュメを登録し、「ジョンソン・エンド・ジョンソンを志望」と明記しましょう。

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

 

管理人が実際に使っている優秀な転職サイト

年収750万円以上のハイクラス転職を最も効率的に

BIZREACH

ヘッドハンターにスカウトされることに特化した新しい転職サイト。有料の会費制で知られていますが、実は年収750万円以上ですと無料利用できますので、まずはお試しあれ。年収1,000万円以上の転職をしようとした場合に一番おすすめ。想定以上にヘッドハンターから声がかかりますので自分の市場価値を再確認できますし新たな選択肢がみつかるはずです。

30‐50代で外資系企業への転職を狙うなら

JAC Recruitment

外資系企業への転職、特に、30才以上の転職に強いのがJACリクルートメントです。キャリアコンサルタントが単なるポジション紹介のみではなく、あなたの強みを理解した上であなたに合うポジションを探すために採用企業側に提案してくれることもあります。JACリクルートメント経由の転職者の98%が「知人・友人に勧めたい」と評価しています。そのきめ細やかなサービスをぜひ無料で体験してみてください。

ついに出た最大手リクルートグループのスカウト転職サービス

高年収のハイキャリアポジションに限定したスカウト型求人サービスがついに業界最大手のリクルートからリリースされました。いままでのリクルート転職サービスでは広く扱われてこなかった、希少性の高いポジションがスカウト方式で案内されてきます。新規サービスのため今なら完全無料で会員登録および利用ができますので、しっかりとレジュメ登録をして活用してみてください。管理人も試しに登録しましたが、登録当日で11件、3日以内で合計23件のスカウトがきました!レジュメ登録をしっかりすることがスカウトを受けるための成功条件です。

 - 外資系企業の評判・クチコミ