外資系転職の教科書

転職エージェントを活用して高年収転職を実現!

*

転職サイトやエージェントに登録して、勤務先の会社にバレないのか?

   

man_phone

転職サイトやエージェントを初めて利用するときに、私が一番気になったのは、いまの勤務先の会社にそれがバレてしまわないかどうかでした。

初めての転職でしたのでうまくいくかどうかわからないですし、もし転職先がみつからなかったら、今の勤務先の会社で頑張るしかないですもの。

そのときに、「アイツは転職しようとして失敗したヤツだ」なんて思われたくなかったです。

秘密裏のうちに転職活動をして、うまくいけばサラッと転職し、うまくいかなかったら何食わぬ顔で今までどおりのサラリーマン生活を送りたいですよね。

転職サイトや転職エージェントに登録をするときに、「会社にバレないないのか?」という転職初心者の方の不安にお応えします。

スポンサーリンク

 

転職サイトやエージェントに登録しても、会社にはバレない

結論から言うと、勤務先の会社にはバレません。安心してください。

転職サイトに登録した情報は、あなたの合意なく、他の企業に共有されることはありません。

よって、仮にあなたの今働いている会社が人材を募集しているとしても、問題ありません。人事部が転職サイトに登録されている情報にそのままアクセスできるようなことはありません。

 

転職サイトやエージェントは提案型のマッチングサービス

business_web

転職エージェントの仕事は、世の中に数多くある転職案件から、あなたに合うと思われるものを探し出しあなたに提案をすることから始まります。もしくはあなた自身が合うものを探しやすいように、転職案件を効率よく検索できる仕組みを用意してくれています。

(関連記事)転職実績ナンバーワンのリクルートエージェントを実際に使ってみました

 

そこであなたが特定の企業に応募することに合意してから、はじめて転職エージェントはあなたのレジュメ(履歴書)を持って、人材募集をしている企業にコンタクトをするようになります。

「おたくの会社は人材募集していますよね?こんな人に興味ありませんか?履歴書送りますので興味があれば面接をしてください」という風に。

よって、あなたが間違って自分の今働いている会社に応募しない限りは、会社にバレることはありません。

 

なぜ転職が途中でバレることがあるのか?

lock_pc

転職サイトやエージェントから会社にバレることはありませんが、一方で、転職活動中に途中で会社にバレてしまったという話自体は聞いたことがある人が多いでしょう。

登録をした転職エージェントでなければ、どこから転職のことがバレてしまうのでしょうか?

これには大きくわけて二通りのパターンがあります。ぜひ、これから転職活動をしようという方は注意してください。

 

自分から転職活動のことを話してしまうパターン

意外と多いのがこのパターンです。

会社の仲のいい同僚なんかにポロっと話してしまって、そこから噂が広まってしまうということがよくあります。

転職活動をすると少なからず高揚感がでてきます。

自分は他の社員とは違うことをしているというちょっと嬉しい気持ちと申し訳ない気持ちで、軽い興奮状態にあります。秘密を抱えているような気持ちになります。

どうしてもそれをしゃべりたくなってしまうのが人情ですよね。

でもそこをグッとこらえるのが大事です。

ぜひ、転職の話を打ち明けるのであれば、会社の人はやめて、今の会社とは全く関係のない学生時代の友人などにしましょう。

 

行動から転職活動がバレてしまうパターン

なんとか秘密を守って口を閉ざしたとしても、行動からバレてしまうこともあります。

以下のような行動を頻繁に繰り返しているようだと怪しまれます。

  • 携帯電話でコソコソ話している(応募先企業や転職エージェントなどとの連絡)
  • 遅刻や半休が増える(面接のため)
  • 普段カジュアルなのにスーツの頻度が増える(面接のため)
  • 今の仕事への興味が急に薄れる

また、転職活動をしているという決定的な証拠になるのは以下のような行動です。

  • 会社のメールアドレスを使って転職活動(会社メールは監視されています)
  • 会社のスケジューラーソフトに面接予定を記録(同じく監視されています)
  • 印刷やコピーした履歴書をプリンター・コピー機に置き忘れる

こうして見ると当たり前のようですが、うっかりミスからバレてしまうことは結構ありますので、慎重に行動しましょう。

 

転職活動が途中で会社にバレるとどんな問題があるのか?

man_problem

仮に転職活動が途中で会社にバレたとするとどうなるのでしょうか?

もちろんこの記事の冒頭にもあったように、仮に転職先が見つからなかった場合に、気まずい思いをします。

実はそれよりも大きな懸念としてあるのが、転職活動自体を妨害される可能性があるということですね。会社やチームの性質(どのぐらいブラックか)によっても異なりますが、以下のようなケースが想定されます。

  • 慰留されて転職のモチベーションが下がる(替わりに昇格させるというような話があるかもしれませんが、書類に判子を押して渡してもらえるまで信じないほうがいいでしょう)
  • 遅刻や早退を認めてもらいにくくなり面接にいきにくくなる
  • 仕事を増やされて転職活動の時間が減る
  • 嫌味をいわれてモチベーションが下がる

 

会社にとって人材確保というのは、採用活動をしたことがない人にはわからないくらい大変なことです。

辞めようとする人を慰留しようとするのは当然予想される動きですので、ぜひ、まずは会社に転職活動がバレないように気をつけましょう。

行動からバレないようにするためには、なるべく「自分でやる」部分を減らして、転職エージェントに任せることをおすすめします。特に一番気を遣う応募先企業との調整(面接日程やそれこそ給与交渉など)はエージェントに任せたほうが無難。先方からいきなり携帯電話にかかってきたら焦りますからね。

 

(関連記事)

転職実績ナンバーワンのリクルートエージェントを実際に使ってみました

スカウト制の転職サイト ビズリーチ(BIZREACH)は無料会員ステータスでもゼッタイ利用すべき!

 

管理人が実際に使っている優秀な転職サイト

年収750万円以上のハイクラス転職を最も効率的に

BIZREACH

ヘッドハンターにスカウトされることに特化した新しい転職サイト。有料の会費制で知られていますが、実は年収750万円以上ですと無料利用できますので、まずはお試しあれ。年収1,000万円以上の転職をしようとした場合に一番おすすめ。想定以上にヘッドハンターから声がかかりますので自分の市場価値を再確認できますし新たな選択肢がみつかるはずです。

30‐50代で外資系企業への転職を狙うなら

JAC Recruitment

外資系企業への転職、特に、30才以上の転職に強いのがJACリクルートメントです。キャリアコンサルタントが単なるポジション紹介のみではなく、あなたの強みを理解した上であなたに合うポジションを探すために採用企業側に提案してくれることもあります。JACリクルートメント経由の転職者の98%が「知人・友人に勧めたい」と評価しています。そのきめ細やかなサービスをぜひ無料で体験してみてください。

ついに出た最大手リクルートグループのスカウト転職サービス

高年収のハイキャリアポジションに限定したスカウト型求人サービスがついに業界最大手のリクルートからリリースされました。いままでのリクルート転職サービスでは広く扱われてこなかった、希少性の高いポジションがスカウト方式で案内されてきます。新規サービスのため今なら完全無料で会員登録および利用ができますので、しっかりとレジュメ登録をして活用してみてください。管理人も試しに登録しましたが、登録当日で11件、3日以内で合計23件のスカウトがきました!レジュメ登録をしっかりすることがスカウトを受けるための成功条件です。

 - 外資系企業への転職のコツ